ネット婚活で知り合った男性を、2回目のデートで自宅に泊めてしまったランちゃん。

もしも、相手が「ヤリモク」の男性だったら、
これっきり連絡が取れなくなったりしてしまう可能性もありました。

でも、幸いなことに、その男性とはそれからも連絡を取り合って、
デートを重ねることができました。

ひとまず、「ヤリ捨て」されなくてよかったと思いましたが・・・

始まり方がそんな感じだったのもあってか、
彼がもともとそういう人だったのか、
二人の関係は、何とも微妙な感じになっていました。


デートといえば、

彼がランちゃんの家に遊びにきて、泊まっていく。

というパターンばかりでした。

これが、明確に「彼氏」という存在なら、
仕事終わりに来てくれる彼のために、あれこれおもてなしをするのはいいのですが、

あれ以来、そういう行為はあっても言葉にして「好きだ」とか「付き合おう」などと言ってもらったことはなく。

その割に、彼は家に来ると

3


俺が来たら、すぐにビールとか出してよ。
今日来るってわかってたんだから、ご飯くらい作っておいてよ。


と、ランちゃんに要求してきていました。


大人になったら、明確な言葉はなくても、何となく始まる恋人関係もあるんだとは思いますが。
明らかな「婚活」の場で出会って、すぐに体の関係を持ってしまい。
そこから、何の約束もなしに、こんな感じになってしまうと、
ランちゃんは

「これって付き合ってるって言えるの?」
「そもそも、私のこと好きなの?」
「私って、この人にとってどういう存在なの?」

と、不安になっていました。

かと言って、自分から聞くこともできない性格のランちゃん。


さらに、

「これって、自分がうっかり流されて、
そういう関係になってしまったから起きてしまったことかもしれないし・・・。
「だとしたら、自業自得だし・・・。」



そう思うと、ランちゃんはこの事を誰にも相談できずにいました。



恋愛経験が少なかったり、自分に自信がない人は、
やはり、順番を守って恋愛を進めたほうが、気持ち的には楽でいられるのかもしれませんね。



★長女ーズの婚活記録★

はじめに

ランちゃん 



☆ちよこの婚活記録☆

元彼との別れ編 
        1011121314

婚活に踏み出す編 

婚活リョウジくんside 

ネット婚活編 

リョウジくんとの馴れ初め編 10111213


ランキング参加しています。



にほんブログ村 恋愛ブログへ