ちよこい

三十路・ちよこの恋する嫁日記

イラスト

年上なのにおばかさんなちよこと、
そんなちよこを奇特にも好きだと言ってくれる年下旦那のリョウジくん。
そんな2人の、のんびり恋愛・夫婦模様を絵日記にしてゆきたいと思います。

長女ーズの婚活 ランちゃんの場合・7

ネット婚活で知り合った男性を、2回目のデートで自宅に泊めてしまったランちゃん。

もしも、相手が「ヤリモク」の男性だったら、
これっきり連絡が取れなくなったりしてしまう可能性もありました。

でも、幸いなことに、その男性とはそれからも連絡を取り合って、
デートを重ねることができました。

ひとまず、「ヤリ捨て」されなくてよかったと思いましたが・・・

始まり方がそんな感じだったのもあってか、
彼がもともとそういう人だったのか、
二人の関係は、何とも微妙な感じになっていました。


デートといえば、

彼がランちゃんの家に遊びにきて、泊まっていく。

というパターンばかりでした。

これが、明確に「彼氏」という存在なら、
仕事終わりに来てくれる彼のために、あれこれおもてなしをするのはいいのですが、

あれ以来、そういう行為はあっても言葉にして「好きだ」とか「付き合おう」などと言ってもらったことはなく。

その割に、彼は家に来ると

3


俺が来たら、すぐにビールとか出してよ。
今日来るってわかってたんだから、ご飯くらい作っておいてよ。


と、ランちゃんに要求してきていました。


大人になったら、明確な言葉はなくても、何となく始まる恋人関係もあるんだとは思いますが。
明らかな「婚活」の場で出会って、すぐに体の関係を持ってしまい。
そこから、何の約束もなしに、こんな感じになってしまうと、
ランちゃんは

「これって付き合ってるって言えるの?」
「そもそも、私のこと好きなの?」
「私って、この人にとってどういう存在なの?」

と、不安になっていました。

かと言って、自分から聞くこともできない性格のランちゃん。


さらに、

「これって、自分がうっかり流されて、
そういう関係になってしまったから起きてしまったことかもしれないし・・・。
「だとしたら、自業自得だし・・・。」



そう思うと、ランちゃんはこの事を誰にも相談できずにいました。



恋愛経験が少なかったり、自分に自信がない人は、
やはり、順番を守って恋愛を進めたほうが、気持ち的には楽でいられるのかもしれませんね。



★長女ーズの婚活記録★

はじめに

ランちゃん 



☆ちよこの婚活記録☆

元彼との別れ編 
        1011121314

婚活に踏み出す編 

婚活リョウジくんside 

ネット婚活編 

リョウジくんとの馴れ初め編 10111213


ランキング参加しています。



にほんブログ村 恋愛ブログへ







長女ーズの婚活 ランちゃんの場合・6

地方でのネット婚活に苦戦していたランちゃん。

婚活人口が桁違いだといことも知らず、
関東のちよこの話と比べて、「自分はヤバイのでは!?」と凹み、
自信喪失していた彼女は、

初めて、2回目のデートにこぎつけた時、
焦りすぎ&頑張りすぎてしまいました。

と、いうのも。


いきなり、お相手を自宅に泊めてしまったのです

2


あーぁ('A`|||)


もう三十路の大人の女なので、
会って間もなくても、そういう大人の関係になってもいいとは思うのですが。

今回は、「婚活」目的の出会いを探していたのであって、
軽い気持ちでお付き合いできる相手を探していたわけではありません。

それに、ネット婚活の場には、悲しいことに「ヤリもく」と呼ばれる、
結婚がしたくて焦っている女性を狙って、
手っ取り早く体の関係を持とうとする男性もいると聞きます。

もしかしたら、その手の人に引っかかってしまったのかもしれないし・・・

そうでなかったとしても、出会ってからわずか2回目で、
何も具体的な話をすることもなく、
その場の流れで、先に関係を持ってしまった事で、
相手の男性から見たランちゃんは
「すぐにヤれた女」になってしまった可能性も・・・。

自分から、「体の相性って大事だから!」と率先してそうなったのなら、
それはその人に合ってる、いい方法だと思うのですが、

ランちゃんは、「ただ流れに身を任せていたら、そうなってしまっていた・・・」
という感じだったんだと思います。


ここで、腹を決めて

「私たち、付き合うって事でいいんだよね?」

とでも、聞けたらよかったのですが・・・


ランちゃんに、そんな度胸はなく。
普通に、朝ごはんを出して、見送ってしまったそうです。


何の約束もなく、はっきりとした言葉もなく、
まだ「好きだ」とも言われていないのに、
何とか次につなげようと思うばかりに、家に上げて、関係持ってしまったランちゃん。


こうなると、思い描いていたような、

デートを重ねて
告白をされて
お付き合いが始まって・・・


というような、理想的な恋のスタートを切ることはできなくなってしまいました。


焦りは禁物。


これに尽きると思った出来事でした。



はじめに

ランちゃん 


☆ちよこの婚活記録☆

元彼との別れ編 
        1011121314

婚活に踏み出す編 

婚活リョウジくんside 

ネット婚活編 

リョウジくんとの馴れ初め編 10111213



ランキング参加しています。



にほんブログ村 恋愛ブログへ






長女ーズの婚活 ランちゃんの場合・5

三十路を歩きはじめて数年目。

北海道という、本州とは海を隔ててしまう場所で、
関東に比べ、圧倒的に婚活人口も少ない、
厳しい状況下で、ひっそりとネット婚活を始めていたランちゃん。

関東で婚活した、同い年のちよこと自分の状況の違いに落ち込みつつも、
マッチングした男性たちと、メッセージ交換や、面接を頑張っていました。

それでも、フェードアウトしてしまう人が多く、
なかなかうまくいかないと悩んでいましたが、
ようやく、二度目のデートにこぎつけることができました。


相手は、少し年上の地方公務員さん
見た目はとても地味で、一言で表すなら「優しそうなおじさん。」
でも、真面目そうだし、何より自分に興味を持ってくれているっぽい、と感じ。

3


今度こそは、いい展開に繋げたい!!

と、意気込んで二度目のデートに臨みました。


ですが!


今まで一度目の面接の後にフェードアウトが続いていたせいで、
自分に自信がなくなっていた事。

最後に彼氏がいた時から、だいぶブランクが空いてしまっていた事。

さらには、その元彼にも、ひたすら尽くすような付き合い方しかしてこなかった事。


これらが重なった結果。

ランちゃんは、このデートにおいて、頑張る方向性を間違えてしまい・・・。

思い描いていたような、正統派の展開を迎えられなくなってしまったのです・・・。



。゜゜(´□`。)°゜。



はじめに

ランちゃん 


☆ちよこの婚活記録☆

元彼との別れ編 
        1011121314

婚活に踏み出す編 

婚活リョウジくんside 

ネット婚活編 

リョウジくんとの馴れ初め編 10111213




ランキング参加しています。



にほんブログ村 恋愛ブログへ








長女ーズの婚活 ランちゃんの場合・4

地方と関東での婚活の違いを知らなかったために、
自分に自信がなくなってしまっていたランちゃん。

それでも、「いいね!」をくれた男性や、
自分から「いいね!」をした男性と、
ちょこちょこメッセージ交換を始めていました。

それでも、ちよこの時の話で聞いていたのに比べて、ずっとその数は少ないし。
メッセージを交換していても、それが途中で途切れてしまったり。

中には、面接まで行った男性も何人かいたらしいのですが、
それも、会うのは1度きりで、2回目に続く男性がなかなか現れませんでした。


のりこに、ちよこが「ネット婚活」をした時は、
多くの男性から声がかかり、向こうから会いたいと言われて、
リョウジくんとは、出会ってから2週間でお付き合いに発展したと聞いていたのに。

自分は、どうしてこうもうまくいかないのかと、
落ち込むようになってしまい。

2


私って、もしかしてヤバイ!?
女性として、全然モテない!?


と、どんどん「ネット婚活」していることを周りに言い出せなくなってしまっていました。


今になってみれば、

地方と関東での婚活人口の差や、
北海道は、地理的に孤立していて範囲が狭まってしまうこと、
婚活している男女の比率の差なんかが全然違うので、

ちよこの時と比べても仕方がないって分かるんですけど。


ましてや、婚活人口の多い関東でさえ、
あんな短期間で、リョウジくんみたいな人と出会えたことは、
どう考えても奇跡みたいなものなんですけどね・・・。


そういった情報が、少しも手元になかったランちゃんは、
自分のダメなところばかりに目がいって、
一人でいっぱいいっぱいになってしまっていたようです。


あまり情報ばかり集めて、頭でっかちになるのも、よくないとは思いますが、
知らないがために、必要以上に自分に自信をなくしてしまうのは、悲しいですね。

('A`|||)


はじめに

ランちゃん 


☆ちよこの婚活記録☆

元彼との別れ編 
        1011121314

婚活に踏み出す編 

婚活リョウジくんside 

ネット婚活編 

リョウジくんとの馴れ初め編 10111213



ランキング参加しています。



にほんブログ村 恋愛ブログへ






長女ーズの婚活 ランちゃんの場合・3

弟の嫁であるのりこに、「婚活サイト」を勧められ、
ついに登録したランちゃん。

のりこからは、

「姉は、登録してから数日間で3桁を超える『いいね!』が来てました!
 その中から、こっちの条件に合う人を選んで、
 メッセージの交換をすればいいんですよ!」

と、聞いていたランちゃんでしたが、
実際に細かいプロフィールを入力したり、写真を選んで載せたり、
一通り、登録してから必要なことは記入・掲載してみたのですが・・・

のりこが言っていたほどの反響はなく、
登録して数日経ってみても、ポツポツと数件の『いいね!』が来るだけでした。

chiyov145


登録したら、すぐに男性からのアプローチがあるって聞いていたのに・・・。
どうして、私にはこれしか来ないの??



と、ショックを受けてしまったランちゃん。

本当は、サイトに登録してから、すぐにのりこに報告しようと思っていたのに、
こんな現状なのが恥ずかしく思えてしまい、
登録してから、しばらくは誰にも言うことができなかったそうです。


この時は、のりこもランちゃんも、知らなかった事がありました。
それは、地方と東京の婚活人口の差です。


婚活をするなら、圧倒的に関東が有利なんです。

そもそもの人口が全然違いますし、晩婚化もあって、婚活をしている人が最も多いのが関東。

それに比べると、北海道は、場所的に隣県を含めた婚活がしづらい上に、独身男性も少なかったのです。

どこかが調べた、婚活しやすい県ランキングを見たことがあるのですが、
上位23位までの発表がされていた中に、北海道は入っていませんでした。


そういえば、この間「マツコ会議」でも北海道の相席居酒屋は他県と違って女性が余りまくってるってやってましたね・・・。


なので、きっと同じような容姿・スペックの人が、
「せーの!」で一緒に婚活を始めたとしても、
関東に住んでいる人と、北海道に住んでいる人では、
声をかけてくれる人数は変わって来るんだと思います・・・。



そんな現状を知らなかった、のりことランちゃんは、
東京のど真ん中に住んでいたちよこと、同じような活動ができると思ってしまっていたのです。

最初に、この事を知っていれば、無駄にショックを受けることもなかったのに・・・。

(ノ◇≦。)



地方の婚活って、大変なんですね。


★長女ーズの婚活記録★

はじめに

ランちゃん 


☆ちよこの婚活記録☆

元彼との別れ編 
        1011121314

婚活に踏み出す編 

婚活リョウジくんside 

ネット婚活編 

リョウジくんとの馴れ初め編 10111213



ランキング参加しています。



にほんブログ村 恋愛ブログへ







livedoor プロフィール